2014年02月18日

軍師官兵衛 第7話 「決断のとき」

ある日、官兵衛のもとを毛利家の使者・安国寺恵瓊が訪れる。
東から版図を広げる新興の織田信長と西国の雄・毛利家が
播磨で激突するのも今や時間の問題だった。

1575年(天正3)年6月、小寺政職は小寺家の行く末を決める
大評定を招集。
織田につくか毛利につくか、生き残りをかけた激論のなか、
官兵衛は櫛橋左京進ら守旧派を説き伏せて、小寺家を
織田帰順へと導く。

そして、官兵衛は信長に謁見するため、いよいよ信長のいる
岐阜城へ足を踏み入れる。

今週の格言
「国をおさむる者は義立てば
 すなわち王たり」


意味:
国家を治める者は、正しい道理にのっとって
国を治めることができれば王となる
<中国の思想家「荀子」の言葉>

■主な登場人物
・黒田官兵衛:岡田准一
・光:中谷美紀
・黒田職隆:柴田恭兵
・小寺政職:片岡鶴太郎
・織田信長:江口洋介
・木下藤吉郎:竹中直人
・おね:黒木瞳
・濃姫:内田由紀
・お紺:高岡早紀
・竹中半兵衛:谷原章介
・明智光秀:春風亭小朝
・荒木村重:田中哲司
・安国寺恵瓊:山路和弘
・小早川隆景:鶴見辰吾
・母里太兵衛:速水もこみち
・栗山善助:濱田岳
・井上九郎右衛門:高橋一生
・だし:桐谷美玲

posted by よしたか at 23:51| Comment(0) | あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。