2014年02月11日

軍師官兵衛 第6話 「信長の賭け」

赤松との合戦で多くの犠牲を出した黒田家に、新たな家臣が集まってくる。

荒くれ者の母里太兵衛がしばしば問題を起こす中、官兵衛は栗山善助に
家中をまとめるように命じる。
その後、官兵衛の命により義兄弟の契りを交わした善助と太兵衛は、
黒田家のために力を尽くしていくことを誓う。

一方、信長は足利義昭が挙兵するようにしむけ、これを追放。
200年以上続いた室町幕府は終わりの時を迎え、信長は権力を天下に示した。

荒木村重も信長に帰順したと知った官兵衛は、摂津の国主に任じられた
村重と再会。その妻・だしと出会う。

そこで、村重から信長の話を聞いた官兵衛は、新しい世を築こうとしている
信長の革新性に強い興味を持つ。

■主な登場人物
・黒田官兵衛:岡田准一
・光:中谷美紀
・黒田職隆:柴田恭兵
・小寺政職:片岡鶴太郎
・櫛橋左京亮:益岡徹
・織田信長:江口洋介
・木下藤吉郎:竹中直人
・竹中半兵衛:谷原章介
・明智光秀:春風亭小朝
・足利義昭:吹越満
・荒木村重:田中哲司
・小早川隆景:鶴見辰吾
・母里太兵衛:速水もこみち
・栗山善助:濱田岳
・井上九郎右衛門:高橋一生
・だし:桐谷美玲

2014年2月9日放送
posted by よしたか at 23:01| Comment(0) | あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。