2014年03月13日

軍師官兵衛 第10話 「毛利襲来」

西国の雄・毛利がついに動いた。
信長に追放された元将軍・足利義昭や石山本願寺と
手を組み、大規模な信長包囲網を構築。
5千の大軍で姫路近くの英賀の浦に襲来する。

迎え撃つ小寺・黒田の手勢はわずか。
さらに家中・領内の本願寺門徒も敵に回すこととなる。
官兵衛と職隆は必死の奇策で、何とか敵を撃退するが、
毛利の智将・小早川隆景にとってこの戦は小手調べに
すぎなかった。

石山本願寺を取り囲んでいた信長の軍勢も、苦戦を
強いられていた。
武将の戦死が相次ぎ、信長はわずかな兵を率いて
自ら戦場を討って出る。

その後、摂津の木津川の河口で、石山本願寺へ兵糧を
運び込もうとする毛利軍と、それを阻止しようとする
織田軍が激突。織田軍は大敗を喫した。
この敗北が、官兵衛らに新たな危機をもたらしていく。

■主な登場人物
・黒田官兵衛:岡田准一
・光:中谷美紀
・黒田職隆:柴田恭兵
・小寺政職:片岡鶴太郎
・母里太兵衛:速水もこみち
・栗山善助:濱田岳
・井上九郎右衛門:高橋一生
・櫛橋左京進:金子ノブアキ
・織田信長:江口洋介
・木下藤吉郎:竹中直人
・おね:黒木瞳
・石田三成:田中圭
・小早川隆景:鶴見辰吾

2014年3月9日放送
posted by よしたか at 22:44| Comment(0) | あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。